Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「前景用の水草ざくっと商品紹介交えて…」 No.3

こんにちは。

前回では、育成環境によって様々な顔を見せる水草と書きましたが、その中でソイルを使用することでも草姿が変わってくると触れました。

そんな中で、当店にて現在実験中のソイルで良さげなものがありますのでその辺りの紹介から続きを語っていきます。

タイトルが前景用の水草…とありますが、今回はあまり関係無いかもしれません。

さて本題です。

水草水槽を構築していく上で諸条件がありますがその中で底床は重要なウェイトを占めます。

現在では優秀な水草用ソイルが各社から販売され、大磯全盛期ではと言いますか一昔前では育成が困難とされていた水草も現在では簡単な方とされる種など、時代の変遷・アイテムの登場などで変わってきました。

極端な話として、底床をソイルなのか?それ以外か?と大雑把に分けて単純に考えるのも微妙ですが、そもそも一般的にソイルとして出回っているもののメリットとして、

弱酸性の軟水

という育成環境を生み出すという面があります。

逆に言うと、その水質を好まない水草には適さないということになります。

以前のコラムで取り上げた

A10_I2[1]

キューバパールグラス

上記においては、底砂は田砂を推奨しました。
(why?という方は過去のコラムを覗いてみて下さい)

ソイル使用による「弱酸性の軟水を好む草」という前提で、その水質を実現したとしても他の要因(※)も絡み、気難しい水草も存在します。
(※=炭酸ガス添加、光量、栄養分、メンテナンス具合などなど)

bul_sale.jpg

店内の販売水槽である上記水槽内、ロタラパールⅠ、ギニアンスタープラント、ルドウィジアsp.ギニア、ホシクサ類をはじめ、珍草及び少し気難しい類・有茎種が入っている水槽があります。

実はここで現在実験中のソイルを試しています。

水草が上手くいかないという時は何かしらの原因がある訳ですが、かなりの高確率でこれこれが原因だからここを改善すると上手くいくというケースと、水草も生き物なので、色々考えた上でどうして?と考え、推測でしか離せないケースもあります。

そういった意味で実験の際には他の水槽にて別ソイル・他の要因はかなり近い感じで対比してみると見た目でわかる顕著な発芽、発根、発色などプラスになっています。

一つあげると、

A1159_I1.jpg

ラージパール

という水草があります。
細かくいうと育成条件には色々とあるのですが、その中でも私の感覚では

「肥料喰いが激しい面」

があるのが一つのポイントであるように感じています。

ちょっと粗い画像ですが、下記

large_white.jpg

粗い画像で申し訳ないですが、頭頂部に白っぽくなっているところがあります。(白化現象)

ここで現在実験中のソイル内では

large_fresh.jpg
(画像粗)

またまた粗い画像で申し訳ないですが、わき芽の量や白化現象の状態などかなり状態が良くなっています。

その他、さきほど挙げた珍草及び少し気難しい類・有茎種も軒並み好感触です。

現在実験中の、このソイルは…

次回に続く…

「前景用の水草ざくっと商品紹介交えて…」 No.2

こんにちは。
本日、神奈川県大和市にある当店は雪が積もりました。

関東圏のあちらこちらで積雪しているようです。

明日は暖かくなってくるようなので溶けてくると思いますが、皆様お気をつけ下さい。

さて、今回は前回のコラムの続きです

前回では前景用の水草は基本的に1種類の水草を奥まで植え込んでいくスタイルが一番ラクな方法で奥行き感を演出できるということと、何種類かの前景を配置する場合はちょっとした手を入れる必要がある場合や、何かの水草でストップさせるといったことを故意的に行う必要がある場合があるところまで書きました。

今回はその一例から入ります。

ハッピーナナ店内にある下記の90cm水槽

90_layout.jpg

この水槽内では色々な種類の水草が存在していますが、この中で前回のコラムの画像で登場した、

E.テネルス

etene.jpg

ヘアーグラス

hairgrass.jpg

これを例にとります。

ここでさきほどの水槽内の下記画像、

hair.jpg
(画像粗)

数種類の水草が存在する中にさきほどの水草が頓挫しております。(前景複数

E.テネルスやヘアーグラスは環境が合えばランナーを伸ばして増殖していきますが、上記の例では周囲に別の水草が入っていることでそれをある程度故意的にストップさせているような感覚です。
何かの水草でストップさせる

ただし下記画像の矢印部分

hair_move.jpg

のように他の場所に顔を出してしまうこともあり、100%ストップさせることはできません。

この場合は時折メンテナンス時に手を入れてトリミングしてあげる方法で解決できます。
手を入れる必要性

上手く説明できていないかもしれませんが、いずれにしても前景に何を用いていようが、それぞれの水草の種類により育成条件

・CO2添加
・光量
・肥料
・水温
・水質


などの条件のバランスが必要です。
これは前景だけでなく水槽全体でトータル的にバランスを取ることと、葉姿をどうイメージしてそれに近づけるかということも考慮します。

単純な例でいくと底床砂の違いによって、植え込み、トリミング、葉姿が異なってきます。
(※底床砂という話が出たので余談ですが、現在テスティング中のソイルでとても良さげなものがありますのでこれも後日のコラムで触れていきます。)

また、これは当然のことですが前景用の水草がどうのこうのということではなく、水草それぞれに色々な育成条件や特徴があってそれを少しでも感覚で感じることができた瞬間なども水草の魅力の一つと思います。

前回コラムでちょっと変わりところの前景用水草で紹介した、

南米ラージパール

A1613_I2[1]

のように、育成条件にもよりますが、おもしろい性質を持ち、水槽導入して新芽を展開していく過程で、這うといいますかソイルの中に新芽展開した葉がもぐりこんでいくようなちょっと変わった面を見せる水草もあります。

この場合でも、冒頭に述べた「手を入れる必要がある場合」に該当し、この南米ラージパールを、たまに新芽の頭をソイル内から出してあげるとグッドです。

今までに当ブログ内でも前景に使用される水草はいくつか紹介させて頂きましたが、昔から使われているメジャー種のみならず、最近になって登場してくる新たな水草など人気の高い水草が多く、今後も目が離せません。

次回は現在実験中のソイルで良さげなものがありますのでその辺りの紹介から続きを語っていきます。

次回に続く…

「前景用の水草ざくっと商品紹介交えて…」 No.1

こんにちは。
またまた久し振りの水草コラム投稿となってしまい申し訳ございません。

まずはお詫びと訂正です。

かなり前の記事で次回の水草コラムのテーマを「ルドウィジアレッドスペシャル」にする予定と書きましたが、テーマに合わせた文章作成における店舗在庫や画像の用意などの観点から今回の水草コラムのテーマは表題にある通りの内容に変更とさせていただきます。

上記のテーマもいずれは…と思っておりますのでしばしお待ち下さい。

今回のコラムは一つの水草に絞ってガッチリ語るスタイルではなく、前景用の水草をザクっと挙げてザクッと語り、使えそうな商品を一部取り上げて語っていく予定です。


さて、本題に入ります。

いま前景用の水草のラインナップが色々揃ってきてレイアウトが楽しめるようになりました。

etene.jpg

E.テネルス

hairgrass.jpg

ヘアーグラス

をはじめ、かなり以前から知られている

grosso170_20120225140125.jpg

グロッソスティグマ

ちょっとした変わりどころとして人気のある

A665_I3[1]

ラトナギリミズハコベ

こちらも比較的新しめの変わりどころ、

A1613_I2[1]

南米ラージパール

さらに、当コラムでも過去に取り上げたことのある

A1475_I1[1]

ベトナムゴマノハグサ

A10_I2[1]

キューバパール

A441_I1[1]

ウォーターローン


などなど多種に渡り用いられています。
単純なレイアウト構想や好み、育成条件というだけでなく、それぞれに長所や短所など細かく語ると色々とあると思います。

水草はそれぞれに育成条件が異なりますが、その中で光量ということに関して強くすることにより、他の有茎種である、

A1061_I1[1]

グリーンロタラ

goiasdrota.jpg

ゴイアスドワーフロタラ

A1475_I1[1]

パールグラス

また、現在では全国区となり多くのアクアリストの知るところとなった

austclover.jpg

オーストラリアンクローバー
(呼称として他、ハイドロコタイルオーストラリアンなどなど)


前景用として使える水草は昔からのものだけでなく、色々と登場してきています。

基本的に1種類の水草を奥まで植え込んでいくスタイルが一番ラクな方法で奥行き感を演出できますが、何種類かの前景を配置する場合はちょっとした手を入れる必要がある場合や、何かの水草でストップさせるといったことを故意的に行う必要がある場合があります。

簡単な例とすると…

次回に続く…

最後に余談の宣伝になってしまいますが、アクアリスト必携の月刊専門誌「楽しい熱帯魚」にて5月号から私の水草の新連載がスタート!こちらも楽しみにしておいて下さい。

本年もよろしくお願い致します。レースプラントの花など

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。年末年始と多くのお客様にご来店いただき嬉しい限りです。

今回も本題のコラムからそれてしまうのですが、店内で目に止まった水草がありましたのでちょっとだけ画像を掲載します。

race_f2.jpg

他の水草も写っているのでわかりにくいかもしれませんが、中央付近で網目状の草をしているレースプラントです。

オープン水槽に入っているのですがふと目をやると…

race_f1.jpg

水上へ綺麗な花が咲いていました。4本の穂状の花でオープン水槽で輝いて見えます。

今回はこの水草に関して語りませんが、いつかコラムでも掘り下げて語ってみようと思います。

ちなみに受粉して種が出来たらレースプラントの子供たちを店舗販売予定です。


次は店舗イベントのご案内として、定期的に開催している「誰でも参加できる無料水草教室」の記念すべき新年1発目の開催日は1/14(土)15:00~を予定しております。

昨年も多くのお客様に貴重な時間を当店へご来店・ご参加いただいて嬉しい限りです。

機会がありましたらお気軽にご参加下さい。

重ねまして、本年もよろしくお願い致します。

ハッピーナナ
マネージャー渡邊・スタッフ一同

年末…

久しぶりの投稿です。
今回は水草ネタではなく、年末ですので感謝の意を込めてブログ投稿です。

ハッピーナナは年末年始も休まず営業(12/31~1/3は12時~19時営業、その他通常営業)しておりますので遠方にお住まいのお客様など、帰省の際、時間がありましたら是非ともご来店下さい。
(その際はお気遣いなく、声かけ下さい。)

あっという間に過ぎた1年でした。本年もお世話になりました。

当店では定期的に無料水草講習会を行っておりますが、初めて参加して下さったお客様や何度も足を運んでいただけたお客様など、ありがたい限りです。

来年もよろしくお願い致します。

ハッピーナナ マネージャー渡邊

Appendix

プロフィール

happyplant

Author:happyplant
この道30年の水草の達人

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。