Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nanaplant.blog119.fc2.com/tb.php/12-806bbfa8

トラックバック

コメント

[C7]

砂でキューバパールを育てる場合、底床に肥料を埋めた方がいいと思っていましたが、液肥で良いのですね。とても勉強になります。

[C8] Re: タイトルなし

お読みいただきありがとうございます。

>とても勉強になります。

大変恐縮です。ありがとうございます。

キューバパールの栄養吸収に関して、根・葉など両面からですが、ある程度、育ってきた後はカリウム含む液肥が基本で大丈夫です。(絨毯のようになってからだとやりにくいというのもありますが)

砂でキューバパールを育てる場合の初期に関しては、底床に肥料を埋めておくことも有益です。

当店製作の田砂使用の場合などですと、水槽がある程度立ちあがった状態の後に開始したというのも
あるかもしれませんが、スタート時においては底床に肥料は埋めていない状態からでも、さほど苦戦
するという状況ではありません。

肥料がいらないということではなく、光量・CO2添加具合などと併せてトータルバランスで状況に合わせるのが良いかもしれません。また、キューバパールの草体・繁茂具合などの最終形の景観をどの段階をマックスと捉えるかという見た目的な問題もあるかもしれません。

日々の維持は必要に応じたメンテナンスと液肥を少々といった感じで行っています。

つたない文章のコラムですが、お暇がありましたら、今後ともお気軽に覗いてみてくださいね。
  • 2011-04-14 17:57
  • 達人
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

No,3「キューバパールグラスのこと」 その5

キューバパール育成についてのコラムの続きです。

今回は照明に関してから語っていきます。まずは当店の水槽環境では

無題

下記の照明ライト本体を用いています

slim_pl_front[1]
トリオコーポレーション
ビバライトスリム450


を使用しています。球は下記のもの

27w_2_150.jpg

white80.jpg

アズージャパン
HI-PL 36W 白球


を使用しています。

キューバパールに関して、光量はやはり強めの方が良いです。
そういった意味で、上記の高効率の明るいHI-PL球使用は非常に有効になります。

しかし、ただ光が強ければよいという訳ではありません。一つの問題点としては、
照明の点灯時間に際して長すぎると、余計なコケの発生要因となってしまったり、
CO2や肥料にしてもそうですが、色々な面を考慮して水槽環境を整え、調整する
ことは必須事項となります。

キューバパールだけではなく、レイアウト具合によって入っている水草の種類や分量にも
よりますが、キューバパールに関して強めの照明の方がよいという認識でOKです。

次は、肥料に関してです。

今回は田砂を推奨という形で書いてきましたので、この肥料に関してというものも、
その上で語っていきます。

まず、田砂はソイル系底床と違い、栄養分タップリという類の底床ではありません。

tasuna240.jpg

キューバパールが栄養を吸収するにあたって、根から吸収するものに対しては、上記の田砂では
不足しがちになってしまうことは容易に想像できます。

上手く立ち上がり、キューバパールが緑の絨毯のようになるまでもっていけている場合は、
状況をみて液肥などで追肥していく形で補うことが望ましいです。

しかし、植え込んで立ち上げ初期に際してはちょっと注意点があります。
キューバパールに限ったことではありませんが、水草が根から栄養を吸収する際には、
底床内の土壌バクテリアと呼ばれる類が密接に関わっています。

従って、この土壌バクテリアが一切存在しない状態(水槽セット直後)からキューバパールを
植えてスタートするよりは、望ましい形としてはある程度、水槽が立ち上げてある後から導入
すると上手くいく可能性も高まります。つまり、田砂を使うと肥料分が足りないからという事で
水槽セット後すぐにキューバパールを植え、なおかつ肥料分をドバドバということは効率的にも
賢いとはいえないと思います。

併せて、光量が強い方が良いということで、初っ端からガンガン照明でいくと、キューバパールの
成長具合云々以前に、ほどなくしてコケに悩まされる展開になりかねません。

いずれにしても、肥料ということは色々なサジ加減が必要で一概に言えませんが、
基本的なことは抑えた上で、経験していくしか…といった面があるのも事実です。

少し長くなりましたが、必要に応じて液肥をという認識でOKです。


ここまで、キューバパールを語ってきました。全体を通してちょっと長くなっているので、
次回はここまでの事を軽くまとめて次回のコラムに移っていこうと思います。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nanaplant.blog119.fc2.com/tb.php/12-806bbfa8

トラックバック

コメント

[C7]

砂でキューバパールを育てる場合、底床に肥料を埋めた方がいいと思っていましたが、液肥で良いのですね。とても勉強になります。

[C8] Re: タイトルなし

お読みいただきありがとうございます。

>とても勉強になります。

大変恐縮です。ありがとうございます。

キューバパールの栄養吸収に関して、根・葉など両面からですが、ある程度、育ってきた後はカリウム含む液肥が基本で大丈夫です。(絨毯のようになってからだとやりにくいというのもありますが)

砂でキューバパールを育てる場合の初期に関しては、底床に肥料を埋めておくことも有益です。

当店製作の田砂使用の場合などですと、水槽がある程度立ちあがった状態の後に開始したというのも
あるかもしれませんが、スタート時においては底床に肥料は埋めていない状態からでも、さほど苦戦
するという状況ではありません。

肥料がいらないということではなく、光量・CO2添加具合などと併せてトータルバランスで状況に合わせるのが良いかもしれません。また、キューバパールの草体・繁茂具合などの最終形の景観をどの段階をマックスと捉えるかという見た目的な問題もあるかもしれません。

日々の維持は必要に応じたメンテナンスと液肥を少々といった感じで行っています。

つたない文章のコラムですが、お暇がありましたら、今後ともお気軽に覗いてみてくださいね。
  • 2011-04-14 17:57
  • 達人
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

happyplant

Author:happyplant
この道30年の水草の達人

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。